第43回定例研究会を開催しました(2019.1.23)

当学会は、特定非営利活動法人日本危機管理士機構との共催で、2019年1月23日(水)に第43回定例研究会を開催しました。20名の方々にご参加いただき、当日は熱心な議論が交わされました。

■日 程:2019年1月23日(水) 18:30~20:00
■場 所:明治大学駿河台キャンパス

■演 題:「建築構造分野での偽装や改竄を考える」
2005年の構造計算書偽装問題に始まり、繰り返される偽装や改竄、昨今の免震部材や制振部材での改竄の理由と影響、日本人の失った矜持を考える。

■講演者:高橋 治教授(東京理科大学 工学部 建築学科)
■略 歴
1989年に東京理科大学卒業、1991年に東京理科大学大学院修了、1991年~2015年まで(株)構造計画研究所で主に建築物・工作物の構造設計・監理経験を積んだ。2015年4月に研究室を発足。

一覧へ戻る