2016年度臨時総会・研究大会(第10回)を開催しました(2016.10.29)

当学会は、明治大学危機管理研究センター及び日本危機管理士機構と共催で、2016年10月29日(土)に研究大会を開催しました。あわせて臨時総会を開催しました。当日は、約80名の方が参加され、闊達な議論がなされました。

研究大会
■日 程 2016年10月29日(土) 10:00~18:00(受付は9:30より)
■場 所 明治大学 駿河台キャンパス リバティタワー11階

10:00-10:10 開会挨拶(受付開始は9:30)

10:10-12:30 共通論題(会場:リバティタワー11階1113教室)
◆共通論題「大規模災害時の障害者対応の課題」
コーディネーター:北村弥生(国立障害者リハビリテーションセンター研究所障害福祉研究部室長)
報告者:小澤温(筑波大学人間系教授)
川嶋賢治(国立障害者リハビリテーションセンター研究所流動研究員)
古山周太郎(東北工業大学ライフデザイン学部准教授)
相馬大祐(福井県立大学看護福祉学部講師)
鍵屋一(跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授)

12:30-13:20 休憩

13:30-15:30 分科会Ⅰ・Ⅱ(会場:リバティタワー11階1113・1114教室)
◆分科会Ⅰ「災害・被災者対応における自治体職員の課題とメンタルストレス」
コーディネーター:松井豊(筑波大学人間系教授)
報告者:工藤陽久(浦安市総務部総務課主幹)
小山雄士(大槌町総務部震災検証室長)
村上典子(神戸赤十字病院心療内科部長)
松井豊(筑波大学人間系教授)

◆分科会Ⅱ「大規模災害における国と自治体の役割分担-熊本地震を題材として-」
コーディネーター:幸田雅治(神奈川大学法学部教授)
報告者:室崎益輝(神戸大学名誉教授)
佐々木晶二(国土交通省国土交通政策研究所長)
白石暢彦(静岡県危機管理監代理)
討論者:横田真二(内閣官房内閣審議官)

15:45-17:45 分科会Ⅲ・Ⅳ
◆分科会Ⅲ 危機管理士1級セッション
コーディネーター:市川宏雄(明治大学公共政策大学院教授)
報告者:村上智哉(大船渡市商工港湾部商工課主任)
塚原信孝(いわき市都市建設部都市復興推進課主任専門技術員)
藤倉忠光(一関市役所千厩支所産業経済課長)

◆分科会Ⅳ「大規模災害時の女性・男性の困難とニーズ」
コーディネーター:浅野幸子(減災と男女共同参画 研修推進センター共同代表)
報告者:佐藤咲恵(陸前高田市民生部保健課副主幹兼包括支援係長)
納田里織(西東京市議会議員)
中野宏美(特定非営利活動法人しあわせなみだ代表)
羽白淳(内閣府男女共同参画局推進課・総務課積極措置政策調整官・企画官)
相楽俊洋(千葉市総務局防災対策課長)

18:00-19:30 懇親会(会場:ナポリの下町食堂 お茶の水店)

臨時総会
■日 程:2016年10月29日(土) 13:20~13:25
■場 所:明治大学 駿河台キャンパス リバティタワー11階1113教室
■議 題:理事の交代

一覧へ戻る