2010年度臨時総会・研究大会(第4回)を開催しました(2010.10.30)

当学会では、明治大学危機管理研究センター、墨田区と共同で、2010年度臨時総会・研究大会を10月30日(土)にすみだリバーサイドホールにて、下記の次第にて開催しました。

共通論題「水害―避難そして復興―大都市の場合、地方都市の場合―」では、岡本正男氏(社団法人全国治水砂防協会)、山﨑昇氏(墨田区長)、横溝良一氏(東京都建設局)に、水害対策・対応とその課題について、ハード面とソフト面から、それぞれご報告頂いた後、コーディネータの青山やすし氏(明治大学)と会場の皆様も交え、活発な議論が交わされました。

分科会では、「『大規模災害とターミナル難民」「パネルディスカッション『避難対策の向上方策』」「地域・生活再建過程の最適化に関する研究経過報告」「DMATの災害医療活動と自治体の役割」というテーマのもと、識者によるご報告と活発な意見交換が行われました。

今回の臨時総会・研究大会には、約80名の方にご参加いただきました。

■日 時:2010年 10月30日(土)
■場 所: すみだリバーサイドホール

プログラム

10:00-10:10 【開会の挨拶:イベントホール】
中邨 章(明治大学政治経済学部教授、日本自治体危機管理学会会長)
山﨑 昇(墨田区長)

10:10-12:30 【共通論題:イベントホール】「水害―避難そして復興―大都市の場合、地方都市の場合―」
報告者:
岡本正男(社団法人全国治水砂防協会理事長)
山﨑 昇(墨田区長)
横溝 良一(東京都建設局河川部長)
コーディネーター:青山 やすし(明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科教授)

12:30-13:20 (休憩)

13:20-13:40 【臨時総会:会議室】

13:50-15:50
【分科会Ⅰ「大規模災害とターミナル難民」:会議室】
報告者:
久田 嘉章(工学院大学教授)
守 茂昭(財団法人都市防災研究所事務局長)
渡辺 正美(東京メトロ安全技術部長)
司会者:佐々木一如(明治大学専門職大学院ガバナンス研究科特任講師)
討論者:青山 やすし(明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科教授)

【分科会Ⅱ パネルディスカッション「避難対策の向上方策」:ミニシアター】
報告者 兼 パネリスト:
須見 徹太郎(国土交通省河川局防災課災害対策室長)
横田 真二(総務省消防庁防災課長)
パネリスト:上山 健三(川口市消防本部消防長)
コーディネーター 兼 パネリスト:牛山 素行(静岡大学防災総合センター准教授)

16:00-18:00
【分科会Ⅲ「地域・生活再建過程の最適化に関する研究経過報告」:ミニシアター】
報告者:
加藤 孝明(東京大学生産技術研究所都市基盤安全工学国際研究センター准教授)
紅谷 昇平(人と防災未来センター研究主幹)
牧 紀男(京都大学防災研究所巨大災害研究センター准教授)
飯塚 智規(明治大学危機管理研究センター研究助手)
司会者:市川 宏雄(明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科長)
討論者:中林 一樹(首都大学東京 都市環境学部教授)

【分科会Ⅳ「DMATの災害医療活動と自治体の役割」(公募セッション):会議室】
報告者:
川内 敦文(高知県健康政策部医療薬務課長)
北川 喜己(名古屋掖済会病院 副院長)
坂東 淳(徳島県危機管理部南海地震防災課)
司会者:近藤 久禎(国立病院機構災害医療センター教育研修室長、厚生労働省医政局DMAT事務局次長)

18:10-19:40 【懇親会】

一覧へ戻る