第3回定例研究会を開催しました(2008.3.12)

2008年3月12日に、明治大学危機管理研究センターと共同で、第3回目の定例研究会「実務家の経験に学ぶ-阪神・淡路大震災、鳥インフルエンザ、福知山線列車事故等-」を開催いたしました。

今回の定例研究会では、日本赤十字社兵庫県支部事務局長で前兵庫県防災監の東田雅俊氏をお招きし、阪神・淡路大震災、鳥インフルエンザ、福知山線列車事故を始めとした様々な災害・危機管理事案に対して、どのような対応や取組みをされてきたのか、経験を語っていただきました。

当日は、約40名もの方々にご参加頂き、盛況のうちに終了いたしました。

第3回定例研究会「実務家の経験に学ぶ-阪神・淡路大震災、鳥インフルエンザ、福知山線列車事故等-」
■日 時:2008年3月12日(水)
■場 所:明治大学駿河台キャンパス アカデミーコモン9階309H教室
■発表者:東田雅俊(前兵庫県防災監・日本赤十字社兵庫県支部事務局長)

一覧へ戻る