設立総会を開催しました(2006.9.19)

日本自治体危機管理学会(Japan Emergency Management Association:略称JEMA)は、2006年9月19日に設立総会を開催しました。当日は約110名の方が、総会に参加しました。

設立総会では、学会規約の決定の後、理事の選任が行われました。その後、選任された理事による、理事会が開催され、中邨章教授(明治大学副学長)が会長に選出されました。

設立総会に引き続き、林春男教授(京都大学防災研究所)による記念講演「危機対応における第一義的な主体としての地方自治体に期待される役割:BCMとNPMをめざして」が行われました。

日本自治体危機管理学会設立総会
■日時:2006年9月19日(火)13時30分~16時00分
■場所:明治大学駿河台キャンパス アカデミーコモン2階A4~6会議室

プログラム:
13時30分~14時30分 総会(学会規約の決定、理事の選任)

14時45分~15時45分 記念講演
林春男教授(京都大学防災研究所巨大災害研究センター)
「危機対応における第一義的な主体としての地方自治体に期待される役割」

16時00分~18時00分 懇親会(会費3,000円)

一覧へ戻る