[  ][  ][  ][  ][  ]
[  ][  ]
[  ][  ]
[  ][  ][  ][  ][  ]
[  ]









学会誌案内


































[  ]
(2019.2.16)「第43回定例研究会」を開催しました
当学会は、特定非営利活動法人日本危機管理士機構との共催で、2019年1月23日(水)に第43回定例研究会を開催しました。20名の方々にご参加いただき、当日は熱心な議論が交わされました。

■日 程:2019年1月23日(水) 18:30~20:00
■場 所:明治大学駿河台キャンパス

■演 題:「建築構造分野での偽装や改竄を考える」
2005年の構造計算書偽装問題に始まり、繰り返される偽装や改竄、昨今の免震部材や制振部材での改竄の理由と影響、日本人の失った矜持を考える。

■講演者:高橋 治教授(東京理科大学 工学部 建築学科)
■略 歴
1989年に東京理科大学卒業、1991年に東京理科大学大学院修了、1991年~2015年まで(株)構造計画研究所で主に建築物・工作物の構造設計・監理経験を積んだ。2015年4月に研究室を発足。

(2018.10.29)「2018年度臨時総会・第12回研究大会」を開催しました
当学会は、明治大学都市政策・危機管理研究所及び特定非営利活動法人日本危機管理士機構との共催で、2018年10月27日(土)に「2018年度臨時総会・第12回研究大会」を開催しました。60名を超える方々にご参加いただき、当日は熱心な議論が交わされました。

<研究大会>
■日  程:2018年10月27日(土) 10:00~17:45
■場  所:明治大学駿河台キャンパス 12号館10階

プログラム
◆共通論題    10:10 ~ 12:30
 (会場:12号館10階2103教室)
 「火山防災の現状と課題」
 コーディネーター 青山 佾(明治大学名誉教授・元東京都副知事)
 報告者 池谷 浩((一財)砂防・地すべり技術センター)
     「火山災害とその対策」
     石井 陽(内閣府(防災)参事官補佐)
     「活火山法の改正と取り組み」
     菅野智之(気象庁地震火山部火山課防災情報調整室)
     「気象庁の火山観測・監視と防災情報の伝達」
     南沢 修(長野県危機管理部危機管理対策課火山防災幹)
     「長野県の火山防災対策について
◆休  憩    12:30 ~ 13:20
◆分 科 会 Ⅰ・Ⅱ 13:30 ~ 15:30
 (会場:12号館10階2102・2103教室)
 分科会Ⅰ 特別講演
  講演者 中林一樹(首都大学東京名誉教授)
      「複合災害と自治体の対応」
  講演者 林 承彬(明知大学校行政学科教授)
      「地域特性を反映した複合災難の予測と対応」
 分科会Ⅱ 「わが国におけるオールハザードアプローチの現状と課題」
  報告者 永田 尚三(関西大学社会安全学部准教授)
      「危機管理体制の日欧比較」
      南島 和久(新潟大学法学部教授)
      「原発再稼働の言説分析試論―リスクガバナンスの視座―」
      井坂 雄幸(広島テレビ放送株式会社)
      「「子育て応援団」の活動について
       ―感染症対策への報道機関の取組事例―」
◆分 科 会 Ⅲ・Ⅳ 15:45 ~ 17:45
 (会場:12号館10階2102・2103教室)
 分科会Ⅲ 「東日本大震災の復興事業の検証」
  司会者 幸田 雅治(神奈川大学法学部教授)
  報告者 塩崎 賢明(神戸大学名誉教授)
      「東日本大震災の復興予算に関する一考察」
      佐々木晶二(元・国土交通省国土交通政策研究所所長)
      「市町村が主体となって「土木施設計画」と「市街地整備計画」
       「土地利用計画」の間の計画調整を行うためには、
       どのように取り組めばいいのか?」
      室田 哲男(元総務省消防庁国民保護・防災部長)
      「復旧・復興事業が被災自治体の行財政運営に与えた影響と今後の課題」
  討論者 室崎 益輝(兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科長)

 分科会Ⅳ 危機管理士1級セッション
  コーディネーター 市川 宏雄(日本自治体危機管理学会会長)
  報告者 長谷川庄司((一財)日本国際協力システム)
      「開発途上国(パキスタン、トルコ他)における防災体制の現状紹介
       と日本と比較」
      吉江 直樹(東日本電信電話株式会社)
      「コストをあまりかけない平時における危機管理運用体制継続の可能性
       について」

◆懇親会 18:00 ~ 20:00
会場:ナポリの下町食堂お茶の水店
参加費:4,000円

<臨時総会>
■日  程:2018年10月27日(土)13:20~13:30
■場  所:明治大学駿河台キャンパス 12号館10階2103教室
■議  題:理事及び監事の退任等について ほか

第42回定例研究会を開催しました(2018.7.4)
当学会は、特定非営利活動法人日本危機管理士機構と共催で、2018年7月4日(水)に第42回定例研究会を開催しました。当日は15名の参加者があり、熱心な議論が交わされました。

■日 程:2018年7月4日(水) 18:30~20:00(受付は18時から)  
■場 所:明治大学駿河台キャンパス
■講演者:岩田 孝仁様(静岡大学教授)
■テーマ:「大震法を踏まえ不確実な地震予測情報への対応をどう考えるか」




「2018年度総会」を開催しました(2015.5.16)
当学会は、2018年5月16日(水)に総会を開催しました。

【日 時】 2018年5月16日(水)18時20分~18時30分(受付は18時から)
【場 所】 ちよだプラットフォームスクウェア 会議室402
【議 題】 2017年度決算及び2018年度予算について

「第41回定例研究会」を開催しました(2015.5.16)
当学会は、特定非営利活動法人日本危機管理士機構との共催で、2018年5月16日(水)に定例研究会を開催しました。当日は15名の参加者があり、熱心な議論が交わされました。

【日 時】 2018年5月16日(水)18時30分~20時00分(受付は18時から)
【場 所】 ちよだプラットフォームスクウェア 会議室402

【講演タイトル】 「東日本大震災の津波被害からの復興の現状と課題」

【講演要旨】
発災から7年、「復興・創生期間」の3年目を迎えた東日本大震災の被災地。津波被害を受けた沿岸部では、高台移転地の造成や災害公営住宅の整備、産業・なりわいの再生等が進む中、復興の現状と課題について紹介する。

【講 師】 内田 浩平様
【略 歴】
復興庁参事官(復興特区・用地担当)
東京都生まれ。東京大学経済学部卒。1992年に建設省(現国土交通省)入省後、同省において、都市再生・まちづくり、住宅金融・証券化、国際建設分野等の政策立案に携わる。北陸地方整備局総務部長を経て、2016年4月より現職。

  


【過去のイベント情報】
 

2018年02月:第40回定例研究会・シンポジウム
2017年12月:第39回定例研究会
2017年10月:2017年度臨時総会・第11回研究大会
2017年09月:シンポジウム「次の時代の防災対策のあり方について~都市における防災課題を多面的に考える~」
2017年07月:第38回定例研究会
2017年05月:第37回定例研究会
2017年02月:第36回定例研究会・シンポジウム
2016年12月:第35回定例研究会
2016年10月:2016年度臨時総会・第10回研究大会
2016年07月:第34回定例研究会
2016年05月:第33回定例研究会
2015年02月:2015年度共催シンポジウム(第32回定例研究会)
2015年01月:平成27年度危機管理士1級試験・2級(自然災害)試験・フォローアップ講座
2015年12月:第31回定例研究会
2015年10月:2015年度臨時総会・第9回研究大会
2015年08月:平成27年度危機管理士2級(社会リスク)試験・フォローアップ講座
2015年07月:第30回定例研究会
2015年05月:第29回定例研究会・2015年度通常総会
2015年02月:第28回定例研究会・シンポジウム
2015年01月:平成26年度危機管理士1級試験・2級(自然災害)試験・フォローアップ講座
2014年12月:第27回定例研究会「被災地における政治意識」
2014年10月:2014年度臨時総会・2014年度第8回研究大会
2014年08月:平成26年度危機管理士試験2級(社会リスク)
2014年07月:第26回定例研究会「原発事故と食品安全問題・その後」
2014年05月:第25回定例研究会「福島第一原子力発電事故に伴う広域避難者の復興を支援する中間支援組織の役割と課題に関する考察」
2014年02月:第24回定例研究会・2013年度第7回研究大会(合同開催)
2014年01月:平成25年度危機管理士2級試験(自然災害)
2013年12月:第23回定例研究会「栄村の震災の状況と復旧の取組みについて」・「災害時に備えた小規模自治体における地域連携の在り方について」
2013年08月:平成25年度危機管理士試験2級(社会リスク)
2013年07月:第22回定例研究会「日建設計のBCP」
2013年05月:第21回定例研究会「災害時の地方財政措置―東日本大震災の震災復興特別交付税を中心として―」
2013年02月:特別シンポジウム「これからの危機管理を考える」
2013年01月:平成24年度危機管理士試験2級(自然災害)
2012年12月:第19回定例研究会「地域コミュニティを重視した住宅再建・復興まちづくり」
2012年10月:2012年度臨時総会・第6回研究大会
2012年08月:平成24年度危機管理士試験2級(社会リスク)
2012年07月:第18回定例研究会「地域における犯罪対策の理論的考察~社会安全政策論」
2012年05月:第17回定例研究会「官・民・専門家の連携による危機管理対策~3万5000件超の無料法律相談事例にみる東日本大震災の真実と住民リーガルニーズ~」
2012年02月:特別シンポジウム「東日本大震災後の危機管理―求められる人材とその役割」
2012年01月:平成23年度危機管理士2級(自然災害)試験
2011年10月:2011年度臨時総会・第5回研究大会
2011年07月:第15回定例研究会「関西広域連合による被災地支援」
2011年06月:2011年度定例総会・第14回定例研究会 ・シンポジウム
2011年01月:第13回定例研究会・シンポジウム
2010年10月:2010年度臨時総会・第4回研究大会
2010年07月:第12回定例研究会「災害復興における地域コミュニティの課題と支援体制の検討」
2010年05月:第11回定例研究会「東京都の火山災害」
2010年03月:第10回定例研究会「災害対応から復旧への移行期における課題」
2010年02月:第9回定例研究会・シンポジウム「危機管理士養成プレ講座」
2009年10月:2009年度臨時総会・第3回研究大会
2009年05月:第8回定例研究会「高信頼性組織の研究―その理論と実践―」
2009年04月:シンポジウム 『ニューオーリンズ・ハリケーン災害に学ぶ』
2009年03月:第7回定例研究会「危機管理と地域住民の信頼感」
2009年01月:第6回定例研究会「自治体における危機管理・防災担当職員の能力向上」
2008年11月:第5回定例研究会「ロンドンにおけるセキュリティ」
2008年09月:シンポジウム『ニューオーリンズ・ハリケーン災害に学ぶ』の延期について
2008年07月:2008年度定例総会・第2回研究大会
2008年05月:第4回定例研究会 「ハリケーン・カトリーナにおける被災者支援」
2008年03月:第3回定例研究会 「実務家の経験に学ぶ」
2008年02月:Mammen氏講演会 「9.11後の復興における政府と自治体の連携プロセス」
2008年01月:第2回定例研究会・公開シンポジウム「危機発生時の自治体における報道対応」
2007年10月:シンポジウム「災害とライフライン」
2007年10月:第1回定例研究会 「危機管理に失敗しないために」
2007年07月:2007年度定例総会・第1回研究大会
2007年01月:シンポジウム「感染症と危機管理」
2006年09月:学会設立総会


[  ][  ]
[  ]
Copyright (C) 2006- Japan Emergency Management Association. All Rights Reserved.
[  ]
[  ][  ][  ]
[  ][  ][  ][  ]
update